豊胸の失敗

豊胸手術で実際におこった失敗

いくら医師が慎重に豊胸手術をおこなったとしても、絶対に失敗しないとも限りません。
また、施術した本人の不注意からおもわぬ事態を引き起こすこともあります。
成功もあれば失敗例もあり。
豊胸手術に関する失敗とは、どんな事例が報告されているのでしょうか?

【①硬い感触】

胸といえばやわらかいもの。

豊胸手術では、脂肪注入が一番柔らかい感触を得ることができ、ついでバッグプロテーゼ挿入、ヒアルロン酸となります。
いかにやわらかい胸を作るか…これは執刀する医師に技術も関係し、ヒアルロン酸の注入を下手したために男性のようなたくましい胸になってしまった事例もあります。

また、バッグプロテーゼ挿入においてはバッグが原因で硬くなってしまう事もあるようです。

人の体の防御反応として、バッグを異物として認識。膜を作って押し出そうとします。
それがためにバスト全体が硬くなり形も不自然なものとするのです。
これをカプセル拘縮と呼んでいます。

【②異物感】

バッグプロテーゼ挿入において、バストの外周などから入れたバックの形を感じることがあるそうです。
これは皮下脂肪が少ない人にでやすくて、バッグのふちにあるざらざらやキャザー、さらには波打った感触を感じるそうです。
事前に肌質や脂肪、そして乳腺の適正をきちんとチェックして、異物感がでないようにしましょう。

【③感覚の麻痺】

手術において神経を傷つけたりカプセル拘縮を起こすと、乳首の感覚が鈍くなる事があります。
逆に、ちょっと触れただけで痛みを感じたりしびれが残る事もありますので要注意です。

【④心理的負担】

バッグプロテーゼ挿入やヒアルロン酸にありがちなの異物感。
手術後、異物を混入した事が気になる人もなかにはいます。
また、「温度が冷たい」「横になったり立ったりしたときに、バストが自然な感じで動かない」なんてことから異物感を嫌でも意識してしまうこともあり…
あまりにも気になる場合は、取り出してしまう人もいるのだとか!?
予防・対処としては、医師のカウンセリングが大事となります。

【⑤脂肪の壊死】

脂肪注入による豊胸手術をおこない、その後に痛みや赤み、腫れといった症状がでたら要注意です。
注入した脂肪細胞が血管から栄養を吸収することができないでいると、壊死といった状態を引き起こしてしまうのです。
そうなると感染症のリスクも高くなるので、すぐに洗浄・除去といった措置をとらなければいけなくなります。

【⑥バッグの破損】

バッグプロテーゼ挿入においては、その種類によって使用年数が決まっており、それに応じたアフターケアもしくは再手術の必要性がついてきます。
老朽したバッグをいつまでも放置していたり、カプセル拘縮お起こして圧力から破損してしまったなんてことにでもなれば、早急の再手術が必要。
バッグには体に害のない素材を使用していますが、だからといって破れても放置しておくのは危険行為となります。
放置しておく事で、皮膚の下に内容物が浸透して炎症をおこしたり、皮膚を突き破ったりして危険な状態になることもあるのです。

トップへ戻る